中古ドメイン販売屋さんのような中古ドメインを売ってくれる業者は数多くあります。しかし、彼らは何を見て中古ドメインの値付けを行っているのでしょう?そのノウハウをご紹介します。

アフィリエイターならmail.comの中古ドメイン

ホームページやブログを作成するアフィリエイターは、中古ドメインを取得してSEO対策をする人も多いです。
mail.comなどいろんなドメインを取得する人もいますが、4文字のmail.comのメールアドレスだと中古ドメインの可能性が高いです。
3文字のmail.comのメールアドレスなら、間違いなく中古ドメインと考えていいでしょう。
アフィリエイターは、少しでも検索エンジンのランキングが上位に来るような中古ドメインを取得したいと考えていますが、自分で検索して探すにはとても手間がかかってしまいます。
簡単に探す方法として、中古ドメイン販売店を利用する方法があります。
費用は多少かかりますが、ペナルティを受けていない安全な中古ドメインを手間なく取得することができるので、アフィリエイターはとても助かります。
ペナルティを受けていても、専用のツールを持っていないとペナルティを見つけることは難しいです。
ペナルティを受けていることを知らずに使っていると、順位があがらないだけでなく、インデックスされないトラブルにあうことになります。
中古ドメインは古い方が信用力も高いですが、中には古いと被リンクが外されていることもあるので、古ければすべてのドメインにSEO効果がでるわけではないので注意が必要です。
中古ドメイン選びで失敗しない方法は、できるだけ日本語で運営されていたサイトのドメインを選ぶといいでしょう。
中国語のサイトだと、良い物か悪い物かの判断がつきにくいので、トラブルにあいやすいです。
有名人のサイトなら安心ですが、まとめ系のサイトや歯医者や整骨院のサイトだと、意識的に被リンク対策をしてペナルティを受けている可能性がとても高くなります。