中古ドメイン販売屋さんのような中古ドメインを売ってくれる業者は数多くあります。しかし、彼らは何を見て中古ドメインの値付けを行っているのでしょう?そのノウハウをご紹介します。

ネットワークのgameサーバも中古ドメインを使用

中古ドメインといえばWebサーバでの運用が多いのですが、急速に増えているのがオンラインネットワーク系のgameサーバでの運用です。gameサーバでの運用ではIPアドレスでの運用がまだまだ多いですが、ドメインを設定して広くユーザーを集めるサービスも増えてきています。gameサーバで中古ドメインを利用する際2つの理由があります。1つはWebサーバとしての評価を上げることです。gameサーバといえどもウェブサイトは必要です。検索サイトで検索順位が上にいないと競合サービスに勝てません。gameサーバも競争がとても厳しいので注意が必要です。2つめはメールです。gameにおいてメールはそれほど重要ではありませんが、ゲームにログインする前はメールでのやり取りとなります。そのため、どんな方にもメールが届く仕組みが必要です。一般的なプロパイダを利用している方の場合、プロパイダが無料でメールフィルタリングサービスを提供することが増えており、メールが届かない、スパム扱いされたというゲームサーバも少なくないようです。そこで中古ドメインが注目されています。中古ドメインを活用することでフィルタリングされづらいメールアドレスが使えるほか、通信キャリアメールであってもしっかり届くメールアドレスもあります。中古ドメインはメールのブラックリストで事前に調査することもできますし、ドメイン履歴を調べれば登録した時期も分かります。可能な限り、古く、また、ブラックリストに載っていない中古ドメインを探せば快適なメール運用が実現できます。ゲームサービスは定期、臨時それぞれのメンテナンスもメールで送信することが多いので確実に届く仕組みは重要となっています。