中古ドメイン販売屋さんのような中古ドメインを売ってくれる業者は数多くあります。しかし、彼らは何を見て中古ドメインの値付けを行っているのでしょう?そのノウハウをご紹介します。

中古ドメインで大事なプロフィールと物理的定義

中古ドメインでは物理的定義が大事になってきます。物理的定義とは主に検索サイト側で作成されるものであり、インデックスと呼ばれています。インデックスは検索サイトがウェブサイトをチェックした際の結果であり、評価です。インデックスが多いということは検索表示に使える項目が多いということであり、評価が高いともいえます。そのため、中古ドメインですでにインデックスが多数ある場合は効果が期待できるドメインと考えられます。ただし、中にはまったくインデックスがない中古ドメインもあります。インデックスがない場合は2つの理由が考えられます。1つはメールアドレスでのみ運用されたもしくは使われなかったドメイン、もう1つはペナルティを受けた場合です。メールアドレスでの運用や登録だけのドメインは価値はありませんが、マイナスポイントはありません。対してペナルティを受けた場合はプロフィールを変えたとしても長くインデックスが作られることがないので利用は避けたいドメインとなります。インデックスについてはメール運用なら必要ないのですが、ウェブサイトとして運用するなら検索サイトからの評価がないということは致命的ともいえます。中古ドメインはインデックスがたくさんあるほど価値があるともいえますが、SNSなどからの評価も重要になっています。SNSからの評価はリンクの形で表され、拡散され、リンクが多数あればあるほど評価が高いドメインといえます。リンクについては作ったアカウントも注意したいところです。友人やフォロワーが多いアカウントからのリンクは検索サイト側でも高く評価する傾向が強く、拡散されるリンクも価値が高いものとして評価されやすくなります。